インタビュー

【ヒマノ・メデューズ】両の腕に秘められし古代の記憶。今こそ解き放たれる伝説の攻略魔法!

ヒマノ・メデュース

1983年7月15日。

日本で初めて家庭用ゲーム機、「ファミリーコンピューター」が発売された日。

あなたはご存じでしたか?

今では、スマートフォンでもゲームができる時代になりましたが、当時はゲームセンターに行かなければゲームができない時代だったのです。

それが家庭のテレビでゲームができるようになった。

これはゲーマーにとっては、非常に革新的な出来事だったのです。

それから約40年。

ゲーム機も性能も上がり、よりリアルになりました。

しかし、いつも頭の中に浮かんでくるのは、自分の青春期にプレイしたゲームたち。

そんなゲームを電脳世界から拾い集め、収集しているVtuberさんが、今回のインタビュー対象である「ヒマノ・メデューズ」さん。

かつて隆盛を誇ったプレイステーションやゲームボーイアドバンスなどを中心に、懐かしきゲームたちを拾い上げては、プレイ。

そして、彼らの中に詰まった思い出たちを、呼び起こしているのです。

そんな「ヒマノ」さんの活動を、インタビューの中から探っていきたいと思います。

 

【ヒマノ・メデューズさんのTwitter等はこちらから】

Twitter:https://twitter.com/himano_meduse

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCvSJoOTF7mKdNKOJGfPDuhg

インタビュー内容

まずは自己紹介をお願いします。

おはよーございますー。

私、人々の記憶の中に眠るゲームの思い出を求めて 電子の海を彷徨う自称電子生命体系Vtuber、ヒマノ・メデューズと申します。

普段は2000年代のゲーム、主にPS2、GC、GBA付近のゲームを中心 毎日平日は19時から、土日祝は10時から2時間程度配信しております。

よろしくお願いいたしますー。

Vtuberを始めたきっかけはなんですか。

私、元々ゲームは好きなんです。

ただ、1人で黙々とプレイすることが苦手で、 人と一緒にゲームしている空間を共有したい、と思ったことが配信のきっかけですね。

そこに、どうせ一緒に時間を共有するなら見に来てくださる方にとって、

「昔、遊んで楽しかった記憶があるけど、実況とかあまり見ないゲーム」

「他の人のプレイも見てみたいゲーム」

こういったものを集めて遊んでいきたいなと思いまして・・・

それなら、人と接する形があったほうがいいな、と思いこの体が形成されました。

普段の活動を教えてください。

普段は、自己紹介にもあるとおり、平日は19時、土日祝は10時からの古いゲームを中心としたソロの配信。

不定期ではありますが、21時頃からのコラボのゲーム配信を、メインコンテンツとして活動しております。

コラボでやる場合は、マリオパーティやファズモフォビア等の新しいゲームから、 コラボ相手の思い出のゲームを見守りでプレイしたり・・・

その人に合わせて色々やっております。

また、歌うのも好きなので、たまに歌枠がたったりもします。

大体こちらも2000年代くらいの、ボカロ曲ばかりなんですけど・・・

好きなゲームのジャンルはなんですか。また、その理由を教えてください。

横スクロールアクションです。

かわいいキャラクターにシビアな判定。

最初は難しくても、リズムとパターンを覚えれば、ある程度なんとかなるバランス。

誰にも勧めやすくていいジャンルです。

カービィ辺りは本当にお勧めしやすいかも。

これまでプレイしてきたゲームの中で、オススメしたいゲームはありますか。

手を出しやすい範囲だと、星のカービィスーパーデラックス。

1つひとつが短めで手を出しやすくて、1人でも2人でも楽しくできる。

あとカービィかわいい。

現在はswitchオンラインにさえ入っていれば、遊べるというのも敷居低くていいですよね。

手を出しにくい範囲だと、サルゲッチュ。

PSのゲームなんですが、左右のスティック操作で移動と道具を使って、サルを捕まえるゲーム。

サルそれぞれに個性と特徴があり、操作を覚えられればサクサク捕まえられるようになるので、爽快感もあります。

また、単純にステージを進むのも楽しく、おすすめできます。

今やろうとするのであれば恐らくPS系のアーカイブがいいかもしれませんね。

これまでプレイしてきたゲームの中で、難しかったゲームはありますか。

零とバイオハザード4です。

どちらも敵を倒す弾・フィルムに限りがあり、きっちり狙わないとすぐ残弾不足に陥ったり、体力がなくなってしまいます。

慣れるまでに、弾が残らなくて詰むという状況が起きていました。

その辺りをうまく管理できる人なら楽しく、スムーズにできるとは思うのですが、 私には難しかったです。

何か宣伝等がありましたら、お願いいたします。

元々、人の好きを集めるために始めたこの活動。

本当に楽しくやらせていただいています。

もしこれを見てくださった方で、やってほしいゲーム等ありましたら、私まで連絡をお願いいたします。

プレミアがついていなくて、手が出せる範囲であれば入手して順次やっていきたいと思っております。

現在対応可能なハードは、PS、PS2、DC、GC、GBA、DS、3DS、PSVITA、switch、PSP(vitaのダウンロード版でできるもののみ) となっております。

あなたの好きを私に教えてください!

 

【ヒマノ・メデューズさんのTwitter等はこちらから】

Twitter:https://twitter.com/himano_meduse

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCvSJoOTF7mKdNKOJGfPDuhg

結論

今回は古のゲーム探求者「ヒマノ・メデューズ」さんにインタビューを行ってきました。

筆者の世代はちょうどファミコンとスーパーファミコンが混在する時期でしたので、やはり、その頃のゲームは思い出補正もあって懐かしく感じます。

聖剣伝説、ファイナルファンタジー、クロノトリガー、パネルでポンなどなど・・・

思い出せばきりがない名作ばかりで、今でも続いている作品もたくさんありますね。

もちろん、「ヒマノ」さんがプレイされている時代のゲームも名作はたくさんあります。

さらに言えば、現代のゲームでも名作と呼ばれるゲームも、もちろんあります。

そんなゲームたちを拾い上げて、その声を聴く。

「ヒマノ」さんの活動は、過去に取り残されてしまったゲームたちを救済する旅なのかなと勝手に思っています。

これからも、次元のはざまに残されたゲームたちを拾い上げて、その声を聴いてほしいなと思います。

最後に、インタビューにご協力いただきました「ヒマノ・メデューズ」さん。

本当にありがとうございました。

 

【ヒマノ・メデューズさんのTwitter等はこちらから】

Twitter:https://twitter.com/himano_meduse

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCvSJoOTF7mKdNKOJGfPDuhg